髪の薄さが気になってきたときに最初に試すのが、薬用育毛剤です。今ではたくさんの種類があるので、自分に合ったものを選ぶことが必要です。ただの育毛剤との違いは、薬用の方は医薬部外品に分類されていることです。医薬部外品は薬ほどの効果はないものの、薬に準じる成分が配合されているので、ある程度の効果や効能が期待できるものです。薬とまではいきませんが、科学的な研究を経て認められた成分がたくさん使われています。薄毛の原因を抑えたり、髪の成長に必要な成分を補ったり、頭皮環境を整えて髪が生えやすくする、などの目的のための成分です。種類によって特徴があり、無添加だったり、低分子にして毛穴の奥まで届きやすいようにしたり、使い心地が良いテクスチャーにする、など工夫してあります。

人気ランキング上位の製品の特徴

たくさんの種類がある薬用育毛剤ですが、使った人の口コミや意見などをまとめてランキングが発表されています。人気が高いものは、男性にも女性にもオススメされているもので、無添加、無香料、低刺激なものです。センブリエキス、グリチルリチン酸、ジフェンヒドラミンHCなどの成分が配合されています。センブリエキスは様々な育毛剤に配合されている成分で、毛母細胞を活性化させて発毛を促進させます。グリチルリチン酸は頭皮の皮膚の過剰分泌を抑制して頭皮環境を整えるためによく使われています。ジフェンヒドラミンHCは抗炎症作用があります。これらは天然由来の成分が使われているので、副作用のリスクが低く肌が弱い人にも安心です。薄毛が気になり始めた初期の薄毛の人に適しています。

コストパフォーマンスを考えて選ぶ

いかに効果が感じられる薬用育毛剤でも、値段が高すぎて続けられないのでは意味がありません。使い続けて家計を圧迫しないかどうかも考えて、コストパフォーマンスの良いものを選ぶことが大切です。種類によって異なりますが、公式サイトと通販サイトで販売されている場合は、公式サイトで購入すると値段が安く、送料無料で返金保証付きなどの特典がついていることが多いです。男性はAGA(男性型脱毛症)のために育毛剤を使う人が多いですが、女性でも使えるものは人気が高いです。女性の場合は産後に薄毛になることが多いので、その際に使われています。女性は匂いに敏感な人が多いですが、無香料のものだと気にならずに使えるのがメリットです。総合的に考えてコストパフォーマンスの良いものを選ぶのがポイントです。